財産を把握するのが難しい

被相続人が亡くなった後どれだけの財産が残されているのかを確認するのは案外難しい事だと言えます。
遺言書などが残されていれば、遺言書の通りに財産を全て明確にすることができるのですが、遺言書がなければどのようにして財産を確認すれば良いのかと困ってしまうこともあるでしょう。
まず財産を確認するためには、被相続人の口座預貯金などをチェックするのが重要になりますがこの場合、被相続人が亡くなっていることを銀行側が早くすると、口座凍結となりますので、できれば被相続人が亡くなったということは内緒にした状態で口座の確認を行い、残高が残っているのであれば引き出してしまった方が良いと言えます。
何らかの形で銀行側が被相続人が亡くなったことを把握していて、口座凍結されてしまった際には、相続協議が終了し、全ての書類を提出しなければ口座凍結を解除することはできなくなります。

またこの他にも株券等が残っているのではないかと言う場合、証券会社などに確認するといった方法もあります。
さらに不動産関係については登記簿謄本などがありますので、このような書類を探していくと良いでしょう。
ただ、こういった書類を被相続人が紛失してしまっている場合には財産として把握する事ができなくなってしまいますので、協議が終わって数年後に土地を管轄している役場などから連絡が入って財産が発覚するケースもあります。
その際には、その段階から改めて後で発覚して財産についての協議も行っていくようにしましょう。

被相続人の知人や友人などを頼ってみる

上記したような財産については比較的簡単に確認することができるのですが、その他の部分については把握するのも非常に難しいと言えます。
そのため被相続人の知人や友人などと言いながら、例えばゴルフ会員権を持っていたのではないかといった内容や、美術品や骨董品などを誰かに貸しているのではないかという部分についても調べていくと良いでしょう。
詳しい調べ方などについては税理士さんに相談しても教えてくれますが、できるだけ自分たちでできることは行った方が良いです。

確認して次から次へと財産が出てくるケースもあれば、ほとんど財産が見つからないといったケースもありますが、まずは財産をしっかり把握しなければ、その後遺産協議を行う事が難しいので、できるだけ明確に把握するように心がけましょう。
銀行預貯金が凍結されてしまった場合であっても残高についてを調べてもらうことが可能になっていますから、銀行側に連絡を入れて預貯金の残高などをしっかりと開示してもらうようにしましょう。

その上で協議を行い、それぞれの分与分が決まった時に必要な書類を提出することで口座から実際に現金を引き出すことが可能になります。

念のため公正役場にも確認してみると良い

被相続人の遺言書が見当たらないため、財産を把握するのが難しい場合であっても念のため公正役場に確認してみると良い場合もあります。
個性遺言書を被相続人が生前に作っている場合には公正役場に登録されていますから、こうした部分から被相続人の財産をしっかりと把握することができます。
むしろ登録されていなければ、上記したような方法で次々と確認をしていくのが最も重要ですが、万が一にでも公正役場で遺言書が登録されていればその分、財産も把握しやすくなりますから遺産協議に関しても、早い段階で始めることができるでしょう。