遺産協議って必ずするの?

遺産協議というのは、それまでとても仲の良かったご家族などでも口もききたくないような状況に陥ってしまうことがあるため、出来る限りはトラブルを起こしたくないと思う人がほとんどではないでしょうか。
また遺産協議そのものについてもこれまでの段階で周囲から非常に大変なものだといった意見等を聞いていると自分自身が巻き込まれたくないと思ったりすることもあるでしょう。
財産が残っている状態でどうしても遺産協議に巻き込まれたくないと思っているのであれば相続放棄をすることも可能ですが、そもそも遺産協議そのものは必ずしも行うというものではなく、実際に行った場合であっても遺産協議の形式などについては特に決まったものではありません。

ただ財産が残っていて、相続人に対しての分割が行われるといったケースでは、最終的に公正証書として残しておく方が後々のトラブルを防ぐことにつながりますので、このような部分ではしっかりと行う方が良いと言われています。

協議はそれぞれの家庭によって違う

遺産協議を行うからといって相続人全員が集まり、必ずしもこのような話し合いをすると決まったものではありませんので、例えば財産に対して相続人の1人1人が早い段階で自分たちの分与分に納得し、円満に終了することができればそれで終了となります。
反対にトラブルとなってしまう場合には、税理士さんなどを相手にいながら、冷静な話し合いがもてるように進めていく必要が出てきてしまいます。
また協議と言っても相続人全てが集まるのではなく例えば、相続人である配偶者がどれだけの財産を受けるのか、そしてお子様がどれだけの財産を受けるといった部分で電話連絡等によって解決してしまうケースもあります。

決まった形式はありませんので、それぞれのご家庭によって遺産協議の方法というのは違っており、さらには相続についても特に今後のトラブルが起きる心配がなく、前述のとおり相続人が被相続人から見た配偶者やお子様だけといった場合には、わざわざ公正証書などに残さなくても円満に分割協議を終了させることができるでしょう。
あくまでもそうでなかった相続人がいるといったケースでは、やはり公正証書として残しておくことで後々のトラブルを防ぐだけではなくすべての相続人が相続税を納付したということも明確になるため、このような部分からもトラブルを防ぐことになるといえるのではないでしょうか。

円満な解決が難しいケースでは、早め早めの対処をしていく

遺産協議は上記の通り必ず行うものではありませんが、反対に遺産協議を行っていく中でトラブルに発展してしまうかもしれないといった懸念があれば、早い段階で専門家である税理士さんなどに相談しながら解決方法や協議の進め方についても教授してもらうようにしましょう。
一度でも遺産協議がトラブルになってしまうとその後円満に解決するのは自分たちだけでは難しくなりますので、法律的な部分から1人1人の相続人の取り分などについてを話し合っていく必要があります。
やはりここで自分たちだけで話し合いを行うなど、法律的な専門家が間に入ってくれることで感情的になってしまう相続人の気持ちも変わってくるので、大きなトラブルになってしまう前に対処した方が良いと言えます。

何とか自分でうまく解決しようと思っている時に残された財産の価額が変わってしまうことや様々な手続きの期限切れになってしまうことなどもありますから、財産があると分かった時点で円満に解決できそうかどうかを判断することも重要になります。